算数偏差値60ムスコ…7月に初めて解いた過去問結果を検証してみた

中学受験情報

中学受験をご検討中の保護者の皆様、ご苦労様です。

最初にお断りしておきますと、タイトルだけ見ると少し語弊があります。

タイトルは毎回32文字以内で収めて、一目見ればどんな内容の記事かわかる様にしています。

ところが…今回は文字数的に表現できない内容なんです。

正しいタイトルは、次の様になります。

『算数だけ(推定)偏差値60のムスコが、小6の7月にR4偏差値で50台前半のレベルの学校の算数過去問を初めて解いた結果、どうだったのか?今後の対策も検証してみた』

…ですね。

合格可能性を示す数値で、偏差値による合格率の各段階(RANGE=レンジ)を示し、『R4=80%、R3=50%、R2=20%』を意味します。 出典;日能研

paddle師匠
paddle師匠

長ったらしいし!
伝わってへんやんけ!!

そうなんですよ!とても長ったらしくて字数内に収まりきりません。

まぁ、それは置いといて。

で、気になる初!過去問の結果は、83点でした(^O^)

合格者平均点が70点程度だと聞きました。ムスコ情報なので信憑生がイマイチですが(^_^;)

ここからわかるコトって色々あると思い、その検証結果をまとめたのでご紹介したいと思います。

ちなみにですが、下記2点についてご了承ください。

  • 今回解いた過去問の学校名はあえて伏せておきますが、偏差値表上では50台前半の学校のようです。
    (見る人が見ればわかると思いますが、その点はご容赦くださいm(_ _)m)
  • ムスコのスペックは算数だけ(推定)偏差値60程度で、他の科目は残念です。
    (もちろん、毎回の模試の算数偏差値が60以上じゃないので(推定)偏差値としています)

では、行ってみましょう!

結果公開

いきなりですが、テスト結果です。

結果は、83点。3問間違いでした。

ムスコの普段の成績とこの解答用紙を見てわかるコトは、下記3点です。

  • 基礎が出来ていると、(基礎レベルの問題を出題する学校の場合)夏休み前の段階でも合格者平均点以上が取れる。
  • 問題数が17問と少なく、一問あたり、6点、または5点となっている。
  • 間違えた問題は3問青丸部1問は間違えてもしかたがない問題(捨て問)、赤丸部の2問は正解できたはずのレベルの問題。

わかったコトから、詳細を検証してみますね。

基礎が出来ているか?

偏差値50近辺の算数

R4偏差値50近辺の算数の問題について言えるコトは、以下の点ですね。

  • 基礎的な問題で構成されていて、突飛な問題、難問奇問が少ない。
  • 問題数が少なく、1問あたりの点数が非常に大きい。
  • 解答には答えだけを記入。計算過程を記述させる問題が無い。

※上記に当てはまらない学校もあるかと思いますが、一般的な傾向としてご理解ください。

基礎が出来上がっていれば、7月末時点であっても攻略可能だと思われます。

その攻略の目安が、『偏差値60』レベルなんじゃないかと。

ちなみに…7月以前のムスコの成績推移については、こちらの記事をご参考ください。

2月の勝者の例

2月の勝者では、偏差値60以上の島津くんが、夏休み最初(7月頃)に偏差値50レベルの学校の過去問を解くシーンが出てきます。

過去問を3分の1も解けず、お父さんがブチ切れるという結果に。

出典:二月の勝者 ー絶対合格の教室ー (4)

過去問の出来が悪かったことに対し、黒木先生から島津君の母に向けて次の様なセリフが。

『トップ層に位置する生徒でも、現時点で偏差値50の学校の過去問の合格ラインを越えられません』

当然ですが、これはマンガの世界。

算数に限らず、ムスコの様に基礎がキッチリできていれば(初めての過去問であっても)合格ラインを越えられるんじゃないかと思われます。

問題数が少ないってコトは?

算数に限っていうと、問題数が少ないです。

それが示しているコトは何かというと…

ズバリ!『一問あたりの点数が大きい!』ですね。

ほとんどの学校の問題数が、20問程度です。すなわち、1問あたり5点前後ってコトに。

一方で、合否ラインにいる生徒数が1点差で数十人といるのです。

過密状態ですね!

1点の重みが合否に影響を与えるコトは、4歳上のムスメの受験時に思い知ったワケで。

どれくらい過密か?についてはこちらの記事をご参考ください。

受験に向けての課題

今後、受験に向けての課題については、『ミスを如何に減らせるか?

これに尽きます。

ムスコにとっては算数、理科が取り柄の科目。

国語、社会で足を引っ張られるので、どれだけ算・理で良い点を取れるか?引き離せるか?が攻略の鍵になろうかと。

そういう視点で見た時に、今後はミスを減らしていければ…

上記の過去問では、赤丸部が正解になれば、83点が94点になるわけです。

算・理でアドバンテージを得て、国・社でいかに食らいついていけるか…という展開になりそうです。

最後に

この記事を読まれた方は、次の様に思うかもしれません。

悩みママ
悩みママ

どうせ出来るコの自慢話なんでしょ!うちのコは何回やってもそんなに出来ないし!

いえいえ、そうではないんです。

たまたま、なぜか算数だけが得意科目なダケでして。

以下が、我が家にとって目下の悩みどころです。

  • 不得意科目(国語・社会)をどう攻略するか?
  • そもそも、不得意科目を勉強したがらないコトをどうするか?
  • 夏休みなのに、いまだにダラダラ状態が続いている。
  • 緊張感が皆無だ。
  • なぜかエヴァンゲリオン(アニメ)にハマり出す。

大なり小なり、子供に関する悩み事に共通点があるかもしれません。

親としてはキビキビ勉強して、弱点を克服し、全ての科目ができる様になって欲しい…と願うもの。

…ですが、現実はそうはならないトコロがもどかしいですね。

今日も頭を悩ませている保護者様は、我が家だけでは無いハズです。

様々なバトルを繰り返しながら、親子で成長していきたいトコロですね(^_^;)

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました