MARCH付属中学の併願校を調査したらMARCH付属中学だった件

中学受験情報

中学受験をご検討中の保護者の皆様、ご苦労様です。

我が家のムスコは、MARCHの付属中学校を目指して中学受験勉強を頑張っています。

もちろん、保護者の私はその他の学校も視野に入れていて、常にアンテナを張っておく必要があるワケで。

そんな中、第一志望としている学校の併願校について…

悩みママ
悩みママ

他の人は、併願校をどう考えてるんだろう?

…って動向が気になりませんか?

私は気になりました。

そこで今回は、MARCH附属校を目指す人が併願校として検討している学校について調べてみました

結論から言うと、下記になります。

MARCH付属中学の併願校を調査したら、MARCH付属中学だった!
paddle師匠
paddle師匠

タイトル通りでヒネリがあらへんがな!

そうなんですよねー。私も調べてみてビックリでした。

併願校をどう設定したらイイか?個人的な観点が含まれますが、ご紹介していきたいと思います。

では、行ってみましょう!

併願校設定の観点

併願校をどう設定するか?については、次の4つの観点が考えられるかな、と。

4点目は大学附属校をメインに考えている方が対象になると思いますが、ご参考ください。

偏差値的観点

第一志望校は、(偏差値的に)大きく3つのパターンに分かれます。

  1. 実力相応校なのか?
    (持ち偏差値同等レベル。一番理想的ですね)
  2. チャレンジ校なのか?
    (持ち偏差値以上。普通はこのパターンが大多数かと)
  3. 実力より低めの学校なのか?
    (持ち偏差値以下。ママ友のお子様で一定数います

第一志望校の設定次第で、併願校のレベルを決めていくのがイイかな。

と個人的には思います。

具体的には、次のような設定が望ましいかと。

  1. 実力相応校
    ⇨偏差値的に高め、低めの学校を併願校をバラけて設定。
  2. チャレンジ校
    ⇨偏差値的に低めの学校を併願校に設定。
  3. 低めの学校
    ⇨偏差値的に高めの学校も併願校に設定。

何が言いたいかと言うと、併願校の設定として偏差値的にバラツキを持たせるのが望ましいと思うのです。

少なくとも、次のような結果は避けておきたいトコロ。

  • チャレンジ校続きの学校を設定した結果、全滅。
  • 低めの学校を設定して、子供の能力を引き上げられなかった。
    (一校でもイイのでチャレンジ校を設定し、緊張感を持たせる)

子供の性格によるところも大きいので、そこは保護者様が見極めて判断したいですね。

地理的観点

1月に埼玉受験が始まると、神奈川あたりから前泊して埼玉受験に来るご家庭もいるようです。

個人的には模擬試験の延長上として考えるならばアリだと思います。

でも、そこまで割り切るならば、通学対象校として考えないコトをお勧めします。

万が一、埼玉校のみ合格だった場合…通学時間が長すぎて厳しいかもしれません。

それでも通学するか?公立中学にするのか?

別の悩みが発生しそうですね。

子供の要望をリスト化

子供と志望校について話をしていると、どういう学校に行きたいのか?

なんとなく分かってきます。

そこで、我が家の場合…ムスコの要望を書き出して、リストにまとめてみました。

詳しくは、コチラをどうぞ。

我が家では当時の記事からアップデートを加えながら志望校、併願校を絞り切れてきた状況です。(具体的にはナイショ♪)

仮設定でも構わないので、9〜10月には併願校を決めておきたいトコロです。

過去問にも取り組み出す時期ですからね。

併設大学に納得しているか?

併願校として設定した学校が付属校の場合、

第一志望校が残念で、その併願校に合格を頂いた場合、

子供は『その(大学附属)中学校に行きたい!』となるでしょう。

親としては『その併設大学で良いんだろうか?』

って葛藤するコトが無いようにしておきたいトコロですね。

子供は付属校に進学した場合、十中八九…併設大学に行きたい!って言うハズですから。

そうならない為にも、『併設大学に通わせても良い』と思える学校を併願校としておきたいですね。

併願校の調査結果

併願校の調査方法

今回の調査にあたっては、日能研生の会員サービスサイト『MY NICHINOUKEN』内にあるデータから参照させて頂きました。

MY NICHINOUKEN内の学校情報で自分が知りたい学校を選択すると、『志望校調査レポート』というタブ(青枠部)が出てきます。

ココを押して内部を見ていくと…

『他校志望状況』という情報が見れます。

もちろん、ほとんどの学校の受験回においてこのデータが閲覧できます。
(志望者数が少ない…等のイレギュラーがある場合は、データ閲覧できないようです)

様々な情報を得られるのって日能研生のメリットですね♪

併願校リスト

上述のツールを使って調査した結果をリスト化してみました。

下のリストには『他校志望状況』の『他志望校(=併願校)』と『志望者数』を転記しました。

さらに『志望校調査レポート』に記載があった『志望者(総)数』から『志望率』も計算してみました。

では、ご参考ください。

志望校受験回志望者併願校併願校
志望者数
志望率
明治大学付属明治 78立教新座①2329.5
明治大学付属明治②2025.6
中央大学附属②1823.1
法政大学③1519.2
61立教新座①2439.3
明治大学付属明治①2032.8
明治大学付属中野②1524.6
中央大学附属横浜②1118.0
明治大学付属中野八王子A①51明治大学付属中野八王子A②2141.2
明治大学付属中野①1529.4
明治大学付属中野八王子B1427.5
明治大学付属中野②1019.6
A②85明治大学付属中野八王子B2225.9
明治大学付属中野八王子A①2124.7
明治大学付属中野①1517.6
帝京大学③1517.6
明治大学付属中野188明治大学付属中野②7439.4
立教新座①3518.6
日本大学豊山②3217.0
成城②2814.9
183明治大学付属中野①7440.4
立教新座①4625.1
日本大学豊山②2714.8
成城②2413.1
青山学院横浜英和23青山学院横浜英和C1669.6
法政大学第二②939.1
青山学院横浜英和B834.8
法政大学第二①834.8
37青山学院横浜英和C1951.4
法政大学第二①1129.7
法政大学第二②1027.0
青山学院横浜英和A821.6
102中央大学附属横浜②3332.4
浅野2625.5
法政大学第二①2524.5
法政大学第二②2322.5
青山学院中等部120立教新座①2420.0
慶應義塾中等部2319.2
中央大学附属横浜②2319.2
法政大学第二②2319.2
立教新座343栄東①A8625.1
本郷②5215.2
本郷③5014.6
明治大学付属中野②4613.4
43立教新座①3376.7
立教池袋②1432.6
栄東①A1330.2
明治大学付属中野②1023.3
立教池袋61立教新座①3049.2
立教池袋②1524.6
学習院②1219.7
専修大学松戸①1016.4
120立教新座①4335.8
明治大学付属中野②2218.3
栄東①A2117.5
明治大学付属中野①2016.7
立教女学院120淑徳与野①2924.2
香蘭女学校②2117.5
恵泉女学園③2016.7
青山学院1815.0
香蘭女学校118香蘭女学校②6655.9
普連土学園③2218.6
共立女子③2117.8
共立女子②1714.4
249香蘭女学校①6626.5
頌栄女子学院②6124.5
恵泉女学園③3815.3
洗足学園③3212.9
中央大学附属73立教新座①2230.1
中央大学附属②1926.0
明治大学付属中野①1824.7
法政大学③1723.3
76立教新座①2735.5
中央大学附属①1925.0
明治大学付属明治①1823.7
栄東①A1418.4
中央大学附属横浜61中央大学附属横浜②3049.2
法政大学第二①2744.3
法政大学第二②2032.8
神奈川大学附属①1931.1
192浅野8041.7
サレジオ学院B4825.0
法政大学第二①4724.5
神奈川大学附属①3819.8
法政大学15明治大学付属中野②640.0
法政大学③640.0
明治大学付属中野①533.3
法政大学②533.3
39法政大学③1333.3
明治大学付属中野①820.5
法政大学第二②820.5
成蹊②820.5
70立教新座①1724.3
中央大学附属①1724.3
明治大学付属明治①1521.4
明治大学付属中野②1521.4
法政大学第二192法政大学第二②7840.6
中央大学附属横浜②4724.5
日本大学C3819.8
中央大学附属横浜①2714.1
170法政大学第二①7845.9
中央大学附属横浜②3721.8
日本大学C3118.2
青山学院2313.5

注1)共学校については、男子の併願校を記載しています。
注2)受験回については、一部省略している回もあります。

リストからわかるコト

上記のリストについて、強調するため次のようにしました。

  • MARCH付属校を太字に
  • 同じ学校の別の受験回は太字に加えて黄色マーカーに

こうして見ると、MARCH付属校の併願は大半がMARCH付属校ってコトが分かってきます。

一部そうじゃない学校もあるし、これ以外にも様々なコトがわかってきます。

総じて言えるコトは、『何がなんでもMARCH付属校!』と熱望するご家庭が多い傾向にある、ですね。

正解はMARCH付属校だけじゃ無い

様々なご家庭の事情、方針で第一志望校を設定するコトになりますが、子供の要望を出来るだけ聞いてあげたいトコロですね。

併願校においても然り。

ネームバリューや他者の意見で学校選びするコトだけは避けた方が良いかと。

我が家では、MARCH付属校以外の学校も受験予定です。(具体的にはナイショです♪)

イロイロと情報収集、シミュレーションした上で併願校を決めておきたいトコロですね。

もし迷うようなら、第三者的な情報を見てみるのもイイかもしれません。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました