土俵際の小5ムスコはMクラスをキープ中?Aクラスとの境界線を考察

日能研

中学受験をご検討中の保護者の皆様、ご苦労様です。

なんだかんだ、日能研Mクラスに在籍しているムスコの話です。

常に勉強したがらないムスコも、一応Mクラスをキープし続けて小5の1月を終了するトコロです。

2月から小6のスケジュールになりますが、イマイチ緊張感のない様子…

そんな彼の小5の成績を総括しておこうと思いまして。

ちなみに、前半戦の記録はこちらをご参考ください。

成績は、乱高下を繰り返しながら下降気味。でも、ギリギリMクラスに踏みとどまっている状況…といったところでしょうか。

paddle師匠
paddle師匠

土俵際ってコトなん?

そうなんですよのpaddle師匠!

追い詰められてしんどそうです…が、何とか踏みとどまっていられるのは、下記の理由だと思われます。

国、社、理はイマイチだが、算数の学力(偏差値)だけ飛び抜けているから!?

今回はMクラスとAクラスの境界線について深掘りしながら、ムスコの小5成績を振り返っていこうと思います。

MクラスとAクラスの境界線

クラス構成のおさらい

まず、日能研のクラス構成についておさらいしますね。

ムスコが通塾する教室は、成績順に下表の様なクラス分けになっています。

GM5最難関(TM)
GM2応用(M)
GM1
WA3基礎(A)
WA2
WA1

21年1月末では、ムスコはGM1の下位に在籍しています。
後述しますが、4歳上のムスメは基礎クラスのWA3相当の上位でした。

二人とも、MクラスとAクラスの境界線にいたワケです。

どちら側に在籍しているのが良いのだろうか?

現時点、ムスコの受験が終わっていないのでまだ何とも言えませんが、下記によるものが大きいかと。

  • 本人による性格、得意科目による。
  • 志望校が上位校なら、Mクラスをキープすべき!
  • 志望校が中堅校なら、敢えてMクラスにこだわる必要もない。

いずれにしても、子供本人が『ここに居たい!』と思えるクラスに居続けられるのが、精神安定上良いですね。

Mクラスの崖っぷちにいるムスコ

『Mクラスに在籍している』と言えば、さぞかし聞こえが良いでしょう。

しかし!実際の偏差値的な話をすると…ムスメの成績と大差はありません。せいぜい、3〜4ポイントくらいです。

日能研では、どのクラスでも席は毎回のテスト順位で決まります。成績順に前列から配置されますが、当然ムスコの席は真ん中から後ろの方。

すなわち、在籍クラスの平均に届かないレベルの成績です。

奮起して頑張ってくれれば良いのですが、なかなか競争心が芽生えない様子。

そんなムスコの成績は、

まさしく『算数』だけできるコ!

を数値化した様な偏差値になって来ました。

これが崖っぷちながらもMクラスに在籍していられる最大の要因と思われます。
(成績の詳細は後述しますね)

Aクラスの上位にいたムスメ

話は変わって、4歳上のムスメの話です。

小4までMクラス、小5から中学受験までずっとAクラスだったので、当時はMクラスが眩しく見えました。(親目線ですが(^_^;))

Aクラスに在籍していたムスメは、比較的上位に位置していました。

クラスの席替えでは、毎回最前列、悪い時で二列目だったと記憶しています。

3位以内に入るとノートがもらえるシステムなので、たまにノートをゲットして嬉しがっている様子が印象的でした。

でも、Mクラスには上がれない…と、ムスメはいつしかクラスアップを諦めちゃいました。

『クラス上位にいるコトで満足するタイプ』と言えますね。

では、どうやってクラス上位に居続けたのか?

ムスメは、社会、理科の暗記科目を頑張ってテストに臨んでいたのでした。

確かに、育成テスト(当時はカリキュラムテスト)には有効で、社、理の点数を稼げていました。

出題範囲がわかっているワケですから。

でも、範囲が特定できない模試になるとそうはいかず…偏差値的には鳴かず飛ばず。

そんな感じだったので、Mクラスに上がることもできず、在籍クラスで落ちこぼれるコトも無かったワケでした

良くも悪くも、『Aクラス上位で安定していた』と言えます。

ムスコとムスメの差とは

二人ともMクラスとAクラスの境界線にいて、数値上の大きな学力差(偏差値)は無かったワケです。

とはいえ、決定的な差がありました。

それは『算数がデキるか否か?』です。

ムスコは飛び抜けて『算数』だけデキるようになって来ました。

差はそれだけですが、それが『MクラスとAクラスを隔てる差』なんじゃないか?

そう思ったワケです。

具体的にムスコの成績を振り返りながら説明していきますね。

小5ムスコの学力(偏差値)の推移と内訳

下の表は、ムスコの小5の推移です。

赤枠青枠については、下記を意味しています。

  • 赤枠…1年間の模試の4科目の成績(偏差値)推移。
  • 青枠…直近の模試の偏差値内訳。

偏差値の推移(赤枠)

前半は調子が良く、良い時は57あった偏差値。でも、コロナ禍で自粛生活になると一気に勉強しなくなる…という状態に。

10月に偏差値49を叩き出し、このままブラックホール入りか?

と焦ったのですが…何とか持ちこたえ、そこからは緩やかに回復基調にあります。

ところが!これには裏があります。

算数の成績だけ安定して伸び始め、他の科目はイマイチの状態に…

それは、偏差値の内訳を見ると一目瞭然です。

直近の偏差値内訳(青枠)

5年生最後に受けた偏差値の内訳詳細が青枠です。改めて下記に書き出してみました。

  • 算数のみ     偏差値:65
  • 2科目(国算)  偏差値:56
  • 3科目(国算理) 偏差値:54
  • 4科目(国算社理)偏差値:53

算数だけを見ると、偏差値:65。科目が増えていく毎にその平均偏差値は見事に下がっていきます。

これに対しては、下記2通りの考え方ができます。

  1. 算数の偏差値が高いおかげで、4科目偏差値を引き上げてくれている
  2. 算数は偏差値が高いのに、他の科目の偏差値が足を引っ張っているので4科目偏差値が低迷している

私は、前者(青アンダーライン)の考え方を肯定しました。

そう考えるコトで、次の様なメリットにつながるからです。

算数が良いコトのメリット

このまま、算数優位で進んだ場合のメリットについて考えてみました。

国語、算数は積み上げ科目

国語と算数は、積み上げ科目と言えます。一つの分野だけでは解けず、総合的に理解していないと解けない問題が多々あります。

算数で例えるなら、比の考え方を応用して濃度の問題を解く…等、問題パターンを無限に組み合わせられます。

これが中学受験算数の難しいトコロでもあり、面白いトコロとも言えますね。

小6の追い上げ期に入った時、算数の偏差値を上げるのは至難の技!とも言えます。

算数の土台が出来ている今、小6の後半戦で算数の勉強に時間を取られる、算数で点を取れずに困る…等の悩み事は避けられそうです。

もちろん、国語の克服と、社、理の暗記分野は引き続き苦労しそうですが。

算数1科目受験に有利

このまま算数優位で進んでしまった場合、それでも良いかな、と。

算数だけ飛び抜けて出来てしまえば、最近流行の算数1科目受験を利用すれば…きっと何処かに合格するはずだからです。

算数1科目受験の詳細については、こちらをご参考ください。

暗記科目はどうにかなるはず

前述のムスメの成績で、社、理だけが良かった件ですが、これは結果的には良くないコトに気付きました。

ムスメの反省点を書き出すと、下記の通り。

  • 暗記分野はどうせ忘れる。
    ⇨忘れるのであれば、テスト直前期に詰め込む作戦で対応できそう。
  • 暗記分野の偏差値の伸び代となる。
    ⇨逆に伸びるキッカケになる。(と期待したい)
  • 結局は国、算が大事。
    ⇨どの学校も国、算の得点比率が高いので、小5までは国、算に軸足をおくべきだったという後悔も。

さらに、塾の先生が口を揃えて言うには、下記2点。

  • 社、理については受験者平均と合格者平均の差が小さい科目。
  • 算数が受験者平均と合格者平均の差が最も大きい科目。

統計的にも、一般論として当てはまりそうです。

であれば、『後ろから追い上げる作戦』で何とかしたいトコロです。

6年生に向けて

さすがに今の成績のままだと、MクラスとAクラスを行ったり来たり…という展開が予想されます。

親としては、下記を希望していますが…どうなるコトやら。

  • Mクラスで安定して欲しい。
    ⇨算数の応用授業があるので、算数だけ飛び抜けさせるキッカケになるかと。
  • 早く志望校を決めて欲しい。
    ⇨その学校を目指して邁進するはず。

今後も親の気苦労は絶えませんが、もう少しサポートしていきたいトコロです。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました