『お試し受験』として埼玉の私立中学校を検討する際に提案したい観点

中学受験情報

中学受験をご検討中の保護者の皆様、ご苦労様です。

首都圏在住のほとんどのご家庭にとって、受験の本番は2月になると思います。

1月の埼玉受験は『お試し受験』という位置付けになろうかと。

paddle師匠
paddle師匠

二月の勝者ってタイトルからして中学受験のメインは2月やもんなぁ!

そうなんですよのpaddle師匠!

今回は、埼玉受験を『お試し受験』と位置付ける保護者様に向けて、検討する際に提案したい観点をご紹介します。

paddle師匠
paddle師匠

ムスメは埼玉の私立校やで!

そうなんですよねー。

ムスメの中学受験時の知見と、ムスコ(弟)の中学受験で調査してわかったコトから…

『こうすればイイんじゃないか?』というご提案ですね。

結論から言うと、下記の3つの観点になります。

  • 偏差値表+αで本命校と同じレベルの学校。
  • 特待制度がある学校
  • (受験日)当日出願可能な学校も。

深掘りしながらご紹介していきたいと思います。

では、行ってみましょう!

『お試し受験』で得られる経験

『お試し受験』と位置付ける場合、2月の受験(以下、本番)に向けて経験しておきたい点は下記になろうかと。

本番に向けてのリハーサル経験

模擬試験より重く、本番より軽い位置付けとしての経験が得られる貴重な機会ですね。

テストの時間配分、独特な雰囲気、疲労度合…。

本番に近い経験が得られます

また、塾側からこんなグッズを持って行った方がイイ…等、色々提案されます。

具体的な例で言うと、

『机のガタつきを抑えるために、段ボール片を持って行った方がイイですよ』等。

そんなのいる?って思いましたが、ムスメの中学受験時に持たせました。
(結果としては使わなかったそうです)

それが必要なのか?まさに『試して』みるイイ機会かもしれませんね。

失敗体験と成功体験

個人的には、両方の体験を得ておくのが良いと思っています。

  • 失敗する(不合格)と悔しい。
  • 成功する(合格)と嬉しい。

単純ですが、両方を経験するコトで本番までの1〜2週間、もう一段成長する機会になるはず。

で、最初に受ける学校は、失敗する(不合格)かもしれない偏差値帯の学校をオススメします。

ムスメの中学受験時の経験ですが、最初に受験した学校が『不合格』。

ムスメの目の色が変わった瞬間でした。

そこからもう一伸びして、ワンランク上の学校の合格を頂けました。

まさしく成功体験も得られたワケで、良い体験だったと思います。

不合格でも、複数回受験すると後半の入試で点数加算される学校もあります。

でも、万が一合格が得られなかったら?

1月後半に当日出願できる学校もありますのでご安心ください。

具体的には後述しますね。

3つの観点とは

偏差値表+α

ほとんどの保護者様は、偏差値表上で判断すると思います。

当然ですね。

本命校と同じ偏差値帯の学校を受験すれば、実力の現在地がわかるワケですから。

特に、栄東、開智等は、受験後に自分の成績を知ることができます

合否だけでなく、これらの結果を元に2月の受験校をどうするか?判断材料にするご家庭も多いのではないか?と思います。

とある別の学校の先生から聞いた話では、

『わざと御三家の問題難易度に似せて作成してます』とのコト。

『お試し受験』でも構わない。より多くの受験生を獲得したい。

そういう思いで受験問題を作成しているのかなぁ、という印象を受けました。

上記の例は、極端な話だと思います。

でも、どの偏差値帯のお子様であっても、下記の観点で受験校を選定するコトをお勧めします。

【2月に受験する本命校と比べて】

  • 同じ偏差値帯の学校。
  • 出題傾向が似ている学校。
悩みママ
悩みママ

出題傾向が似ている学校なんて、よくわからない!!

そうですよね。

そんな場合は、塾の先生に相談してみるのがイイかもしれませんね。

特待生制度がある学校

以前にもご紹介した、特待制度がある学校です。

万が一、埼玉の私立校に通うコトになった場合…

その学校が本意ではない学校だった場合…

次のような教育方針に転換するのもアリかなと。

  • 少し偏差値レベルを落とした学校で特待生合格を得る。
  • 特待生を維持するため、浮いた授業料で個別指導塾等に通わせて好成績を維持する。
  • 中学受験で残念だった学校に高校受験時にリベンジする。
    (お子様本人が望むなら、こんな選択肢もアリかと)
  • あるいは、好成績を6年間維持して高3時に指定校推薦を勝ち取る。
    (どこの学校でも早慶枠が存在するモノです)

もし、思い描いた通りにコトが運べば、サクセスストーリーになり得ます。

一つの選択肢として頭の片隅にでも留めておいて頂ければと(^_^;)

(受験日)当日出願可能な学校

受験日当日に出願が出来る学校もあります。

次のようなパターンに該当する場合、当日出願して受験するのもアリかもしれませんね。

  • 埼玉受験の準備をしている余裕がなかった!
    (準備とは、出願準備、過去問対策…等ですね)
  • 1月10〜15日の埼玉中学受験の結果が残念だった!
    (当日出願をしている学校の中には、1月20日〜1月30日の間で受験を実施している学校も

失礼な言い方をすると、持ち偏差値より5〜10低い学校を当日出願して受験すれば、必ず合格がもらえるでしょう。

合格が無い状態で2月1日を迎えるより、合格を一つでもゲットした状態で2月1日を迎えるのでは随分と気分が違います。

心の負担を軽くする…という意味合いでは、この『当日出願』の制度を利用するコトもオススメします。

3つの観点を持つ学校

3つの観点を併せ持つ学校探しをした結果、以下の学校がリストアップできました。

学校名をクリックするとその学校のサイトに飛べるように、リンク付けしておきましたのでご参考ください。

学校名(私立中学校)所在地種別推定偏差値
開智中学校埼玉県さいたま市岩槻区共学53-62
開智未来中学校埼玉県加須市共学40-48
国際学院中学校埼玉県北足立郡伊奈町共学30-35
昌平中学校埼玉県北葛飾郡杉戸町共学37-44
西武台新座中学校埼玉県新座市共学35-43

下記について、ご注意、ご参考ください。

  • 2021年度の中学受験実績です。2022年度以降も『当日出願』が可能か?は学校側に問い合わせ願います。
  • 私個人が調査した結果です。抜け漏れがあるかもしれないので、”一例”としてご理解ください。
  • リストに表示している『推定偏差値』とは、みんなの中学情報から引用させて頂きました。
  • 『推定偏差値の上限値』は、『特待生合格に必要なR4偏差値』とほぼ等価だと言えそうです。

みんなの中学校情報は、「中学校受験・中学校選びで失敗したくない人のための中学校情報サイト」をコンセプトとしております。みんなの中学校情報では、全国の中学校情報を網羅し、あなたの気になる中学校の情報や評判、入試情報、進学情報を見つけることができます。

引用先:みんなの中学情報

最後に

2月の本番を有意義にするには、1月の『お試し受験』が有効かつ貴重な体験だとお分かり頂けたと思います。

逆に言うと『お試し受験』をうまく活用できれば、2月の本番を勝ち取る起爆剤になろうかと。

2月1日に向けて何年間か頑張ってきた中学受験生活。

有意義な結果になるための、有意義な『お試し受験』であって欲しいと願います。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました