全国大会常連の高校アメフト部の大半は、なぜ私立大学付属高校なのか

魅力的な学校探し

2019年12月22日、高校アメフト界の頂点を決める”クリスマスボウル”が開催されました。

立命館宇治高等学校が優勝したようです。
部員の方々、ならびに関係者の方々、優勝おめでとうございます。

1980年代後半、バブル華やかなりし頃…高校生だった私もアメフト部に所属し、部活動に専念していました。

当時は弱小部でしたが、この全国大会出場を目標にガチでやっていました。

地区予選に勝ち残れず、引退したのは10月頃の予選の試合だったと記憶しています。
部活動をしながら勉強を両立するのはかなり大変でした。

しかし、大学付属校だからこそ得られる、貴重な経験だったと思います。
今回は、強豪アメフト部の大半が、なぜ大学付属校なのかを検討しました。

アメフト強豪校とは?

下の図は、高校アメフトの2019年アメフト 全国大会のトーナメント表です。
地区予選を勝ち上がってきた関西、関東の各10校、合計20校が全国大会に出場します。

スクリーンショット 2019-12-08 22.47.21.png

※トーナメント表は、決勝前のものです。

出場校に注目すると、過半数が大学付属校を占めているコトがわかります。

【関西の出場校】

関西の出場高校付属大学
立命館宇治高等学校   立命館大学
南山高等学校      南山大学
啓明学院高等学校    関西学院大学
同志社国際高等学校   同志社大学
関西大学第一高等学校  関西大学
関西学院高等部     関西学院大学
追手門学院高等学校   追手門学院大学
崇徳高等学校      ーーーー
立命館守山高等学校   立命館大学
箕面自由学園高等学校ーーーー

【関東の出場校】

関東の出場高校付属大学
法政大学第二高校法政大学
早稲田実業学校高等部早稲田大学
千葉日本大学第一高校日本大学
早稲田大学高等学院早稲田大学
知徳高校ーーーー
立教新座高校立教大学
県立横浜栄高校ーーーー
足立学園高校ーーーー
慶應義塾高校   慶應義塾大学
佼成学園高校ーーーー

付属校のアメフト部が強い3つの説

なぜ付属校のアメフト部が強いのか?
理由は、大きく3つの説があると思います。

進学校は引退が早いため、強くなれない

進学校の場合は、早くて高校2年生の秋、遅くとも3年生の春で引退するため、3年生の秋まで活動できないのです。

大学が約束された付属校の生徒達は、引退せずに3年生の秋まで部活動に専念できます。
だから、強くなる…という説です。
(一部の例外はあるようです)

アメフトは高校から始めるスポーツ

私がアメフト部に入部したのは、一言で言えば、”高校から始めるスポーツ”だからです。

私は、中学生までバドミントン部に所属していました。
高校はバドミントン部が無い学校でしたので、他の運動部への入部を検討していました。

運動には自信があったものの、サッカー、野球、テニス等では中学時代から経験者がいます。

自分がゼロから始めて、レギュラーになるコトは無理だと思いました。

高校から始めるスポーツで、全員が同じスタートラインであれば、私も活躍できるはず!…と思い、アメフト部の入部を決めました。

このような理由で始める人は多いと思うのです。

しかも、アメフトは運動神経が求められますが、何より体作りが必須です。
体が十分に出来ていないと、怪我だらけになってしまいます。

私は当初、ルールもわからずにカッコ良さだけに憧れて入部しました。しかも、当時は部員数も少ないため、試合に出場する人数を確保するのも大変だったと記憶しています。

なんとかレギュラー選手になり、アメフトの練習に明け暮れる生活を送りました。

高校OBが指導しにくる

高校でプレーし、大学進学後も体育会や同好会のアメフト部に所属し、活躍する高校のOBが指導、コーチに来てくれます。
現役高校生は、ハイレベルなOB達によって鍛え上げられ、レベルアップしていきます。

そのDNAが受け継がれ、強さが伝承されていくのだと思います。

最後に

2019年…日本は、ラグビーワールドカップに沸いた年でした。来年は…2020年!日本中はオリンピックで沸き立つでしょう。

コロナ禍の影響で、オリンピック2020は延期となってしまいました。非常に残念ですが、一刻も早いコロナ終息を願っております。(2020年4月追記)

いつかは…!
アメリカンフットボールも注目されるようになると良いですね。

コメント

PAGE TOP